海外FX情報

【XM 口座タイプ】口座の種類、違いを解説。スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座について

XMには、「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」の3種類があります。

はじめて口座を開設する時は、スタンダード口座をおすすめしています。

このページでは、スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座の違い、スタンダード口座をおすすめする理由について解説します。

XM、スタンダード口座の特徴

XM、スタンダード口座は、その名の通り一番スタンダードな口座です。

最大レバレッジは、888倍です。

最小発注ロットは1000通貨から、最大発注ロットは500万通貨までです。

各種ボーナスの対象で、CFD取引も可能です。

 

XM、マイクロ口座の特徴

マイクロ口座は、小さな単位で取引することができることが特徴です。

 

スタンダード口座、ゼロ口座の最小発注ロットは1000通貨ですが、マイクロ口座の最小発注ロットは、10通貨から取引をすることができます。

最大発注ロットは、スタンダード口座、ゼロ口座は500万通貨ですが、マイクロ口座10万通貨までとなっています。

 

小さいロットでトレードができるということで、初心者向きなのでは?と思うかもしれませんが、10通貨はあまりにも少なすぎ(1円動いても、10円しか損益が動かない)です。わざわざ開設する意味がありません。

また、スタンダード口座、ゼロ口座では、1Lot=10万通貨ですが、マイクロ口座では、1Lot=1,000通貨なので、注意が必要です。

 

マイクロ口座でのトレードに慣れてしまうと、スタンダード口座や他の証券会社を使った時の発注ミスにもつながるので、あまりおすすめはできません。

それ以外は、スタンダード口座と同じで、ボーナスも受け取ることができます。

 

例外として、XMロイヤルティプログラムのグレード上げには使えます。

XMロイヤルティプログラムのグレードは、取引量ではなく、何日間取引をしたか。で決まります。

1回以上の取引で、Exective

30日間の取引で、Gold

Goldになってから60日間の取引で、Diamond

Diamondになってから100日間の取引で、Eliteグレードになります。

マイクロ口座で、1日10通貨のトレードを続けているだけでもグレードは上がるので、グレード上げには使えます。

 

XM、ゼロ口座の特徴

ゼロ口座は、スタンダード口座、マイクロ口座よりもスプレッドが狭いことが特徴です。

スタンダード口座、マイクロ口座は最大レバレッジ888倍ですが、ゼロ口座は最大レバレッジ500倍となっています。

また、ゼロ口座は新規口座開設ボーナス以外は、ボーナスの対象外となっています。

さらに、CFD取引はできません。

 

ゼロ口座のスプレッドは、以下のようになっています。

USD/JPY・・・平均0.1pips、最小0pips

EUR/USD・・・平均0.1pips、最小0pips

GBP/USD・・・平均0.1pips、最小0pips

EUR/JPY・・・平均0.6pips、最小0pips

特に、ドルストレートのスプレッドが狭くなっています。

 

また、ゼロ口座では、10万ドルの取引に対して、5ドルのスプレッドがかかります。(往復それぞれかかるので、合計10ドル)

大まかに言うと、10万通貨に対して10ドル程度の手数料がかかるということです。

手数料まで考えると、それほどお得というわけでもないので、ゼロ口座もあまり使うメリットはありません。

 

XM、口座タイプの違いまとめ

XMの口座タイプの違いを、表にしてまとめると、以下のようになります。

スタンダード口座 マイクロ口座 ゼロ口座
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
最低発注量 1000通貨 10通貨 1000通貨
最大発注量 500万通貨 10万通貨 500万通貨
1ロットの通貨量 10万通貨 1000通貨 10万通貨
スプレッド 普通 普通 狭い
手数料 なし なし 10万ドルにつき5ドル
ボーナス 対象 対象 対象外
ゼロカット 適用 適用 適用
ロスカット維持率 20% 20% 20%

XMでは、一人8口座まで作ることができます。

まずはスタンダード口座を作って、その後必要だと感じれば、マイクロ口座やゼロ口座を追加する形をおすすめします。

実際、約8割の人はスタンダード口座を選択しています。

-海外FX情報

© 2020 タケシのFXトレードブログ Powered by AFFINGER5